過度な利用のリスク

お金消費者金融業者が歌う低金利のメリットは、その部分だけを切り取って受け取ると非常に魅力的で、あるいは「利用しなければ損」といった誤認識につながりかねません。ですが、キャッシングサービスの金利の安さと、例えばスーパーの特売品が安価であることは、根本的に全く違います。

金利が安い極致として、新規利用者を募るべく金利ゼロを謳う宣伝広告も見られます。ですがこうしたサービスには、初回利用者限定や返済期限が短期間に区切られているなど、幾つもの制限が設定されています。まとまった金額を借り入れてしまい、金融業者側が設定する無利息期間内に完済できなければ、その時点で所定の金利が発生してしまいます。「金利ゼロなら、自分の口座から引き出す感覚で利用可能」という解釈では、万が一のリスクに対応できなくなってしまいます。

必要な場面に限り、消費者金融業者をしっかりと見極め、より金利の低いサービスを必要分だけ借り入れてこそ、低金利のメリットを確実に実感できるのがこのサービスです。確実に利用回数を重ねれば、利用可能限度枠が広がるなどのメリットが期待されますが、こうした金融業者側の評価を無用な借入で求める利用方法は危険です。低金利イコールお得感、利用しなければ損というわけではありません。


見過ごせぬ金利負担

必要なタイミングで、中には24時間いつでも融資申し込み可能な消費者金融業者も見られるなど、キャッシングサービスは経済社会で暮らす私達にとって、非常に心強い存在です。しかし、第三者からお金を借りる以上、いかなる理由があろうとも返済期限の厳守、法律で定められた範囲内での金利負担が求められます。

お財布手元の現金を回し切れない状況下で借入の返済・金利が時に返済に窮してしまう、より一層苦しい状況につながらないとも限らず、確実な返済計画を見据えた利用が欠かせません。ここでポイントとなるのが金利で、数パーセントの差も借入金額が大きく返済期間が中長期的となれば、その差は見過ごせません。賢い利用法として、少しでも金利の安い業者を選択するメリットは大きく、このサービスをより有効活用する上でも重要な選択です。

一般的には大手金融業者ほど金利が安い傾向が見られ、あまり馴染みのない業者になると割高な傾向になると言われています。ただし金利設定は随時変動しますので、必ず契約時に詳細を確認の上、どのような割合で金利分が請求金額の中に含まれるのかなど、その内容の理解に努めましょう。ただ請求総額を引落口座に準備からの振替返済では、本当の意味で低金利のメリットを生かした利用とは言い切れません。


消費者金融業者と金利

消費者金融が提供するキャッシングサービスが普及して、すっかり市民権を得て久しい今日、各社は新規利用者の獲得に余念がなく、各々独自のサービスを謳っています。緊急時の速やかな現金調達がキャッシングサービス利用の主目的である以上、希望するだけの金額をより甘い審査により短時間で調達できればベストですが、こればかりは現実不可能でしょう。私達ユーザーが経済的に破綻してしまい、返済不能に陥ってしまえば回収不能状態となってしまい、金融業者にとっては最悪の展開です。

お財布こうした現実を踏まえ、より低金利での貸し付けを通じて新規利用者開拓に力を注ぐ消費者金融が、着実に顧客獲得を続けています。月々あたりの金利が僅かに軽減されれば、中長期的な返済を振り返った際の利用者のメリットは、決して見過ごせぬ金額につながります。「わずかコンマ数パーセントの違い」と、この条件面をチェックせず、行き当たりばったりで利用先を吟味せずに繰り返し借入を起こし続けたとすれば、振り返った際の負担金利額の大きさに驚かずにはいられません。

ここでは、低金利の消費者金融サービスを正しく選択するメリットと、低金利だからと利用過多となってはならない理由など、私達エンドユーザー側が踏まえておくべき基礎知識を中心に、みなさんと一緒に検証作業を進めていきます。とりわけ低金利のメリットばかりに意識が向いてしまい、利用せずに済む場面でもキャッシングに頼ってしまうリスクなど、つい見過ごしてしまいがちなポイントなど、要チェックの内容もお届けしますので、ぜひ最後までご一読ください。

≪参考リンク≫NOLOAN / 消費者金融サービス